カテゴリ:HTML & XHTML

このページの記事一覧

スポンサーサイト

サムネイル

--年--月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W3C 規格に準拠した HTML & XHTML テンプレート

サムネイル

2012年09月26日 18:00 (水)

多くの WEB サイト制作で用いられるマークアップ言語(HTML, XML, XHTML 等)は,ベースとなる文章をタグで囲うだけというシンプルな文法構造から,他のプログラミング言語と比べると簡単で扱いやすい言語です.そしてさらに仮想サーバーが時代に伴って実用的になり,価格やセキュリティ面で敷居が低くなった影響もあって,今までプログラミングと縁がなかった人でも WEB サイトの制作にチャレンジした事がある人も少なくないと思います.

しかし,これほどシンプルで扱いやすい HTML(XHTML)なのですが,サイト制作を重ねていくほど「毎回 body タグの前の定型文を書く事」が億劫に感じてくる人もいると思います.
ここで指している "body タグの前の定型文" とは,主に head タグの中身の事です.

次世代の規格である HTML5 では,冗長であるコードは極力書かないようにデザインされていて大変優秀な言語ですが,現在の主流である HTML4.01 や XHTML1.0 では,この冗長部分である head タグを含めた body タグの前の定型文を毎回書かなければなりません.

さらに HTML (XHTML) はインタプリタ言語のため,ソースコードの文法に問題があったとしても,それが発見されにくいです.そのためこれらのデメリットを考慮すると,厳密な文法で書かれた HTML4.01, XHTML1.0 のテンプレートを用意し利用する事が,効率的な WEB サイト制作を実現する上で1つの有効な手段と言えるでしょう.

そこで今日は,私がウェブサイトを制作するときに使っている自作のテンプレートをご紹介します.

この記事の続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。